USBメモリのメリット

扱いやすさが利点

持ち歩くといった視点で見るとリムーバブルディスクはUSBメモリだけではない。SDメモリカード、外付けSSD、ポータブルHDDなどたくさんの種類がある。それぞれに一長一短あるのは事実である。その中でも取り扱いのよさ、コストパフォーマンス、携帯性などあらゆる面を総合的に見てもUSBメモリが群を抜いている。予算に余裕があればシリコンディスク(SSD)もUSBメモリには負けていない。それまで主流だったCD/DVD-RWも選択肢に入るが傷に弱く携帯での利用を考えるといまひとつになってしまう。書き込み可能なドライブやパケットライトに対応した環境が必要になるのでここでは選択肢に入れないことにしよう。

各種リムーバブルメディアの特徴と評価

ポータブルHDD 各種メモリーカード シリコンディスク(SSD)
USBメモリ
本体
特徴
数百GBの大容量が特徴。読み書きの速度もフラッシュメモリを使った他のメディアと比較すると格段に早い。大きさは、文庫本サイズ程度だが重い。USB給電タイプで電力不足になるケースも。衝撃にはかなり弱く取り扱いも注意が必要。 カード型のフラッシュメモリ。デジカメなどのデータ保存に使われるケースが多い。最近は、ノートPCにこのカードリーダーが標準装備されるようになり便利に使うことが出来る。以前はUSBメモリより安価だったが現在は逆転している。 磁気ディスクに記録するHDDと異なりUSBメモリなどと同じくフラッシュメモリーにデータを保存する。USB接続の外付けタイプはポータブルHDDと同様の使い勝手で衝撃には強いが高価。 重量やサイズはメモリーカードには及ばないが、紛失の心配がない。多少雑に扱っても簡単には壊れない。コンパクトで携帯性に優れる。最近は、付加価値をつけたセキュリティを搭載した商品が人気。
携帯性
×
×
耐久性
×
記憶容量
転送速度
×
価格
×
総合評価
用途次第
別途カードリーダー
価格と速度による
万能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください