USBメモリ内のツールを呼び出す(Clock Launcher)

ミニアプリを多数搭載

USBメモリ内にインストールしたアプリケーションの呼び出しに便利なランチャツール。USBメモリの大容量化によりUSBメモリに入れて使用するソフトも増えてくる。
このアプリはボタン式のインターフェイスで登録したアイコンをクリックするだけで瞬時に起動し、展開可能。設定によりメモリやCPUのモニタ機能、メディアプレーヤー機能なども有効化して利用可能。

Clock Launcherの登録・使い方

  1. フォルダごとコピー
    Clock Launcherをダウンロード後、解凍し展開したフォルダごとUSBメモリ上へコピー。フォルダ内のClock Launcher.exeをクリックして起動。
  2. 環境設定を開く
    時刻が表示された小さなウィンドウが現れる。右端の「▼」から「環境設定」を選択し、開いたダイアログ上にUSBメモリ内のプログラムをドラッグ&ドロップして登録。
  3. ボタンクリックで起動
    ミニウィンドウ上に登録したアプリのアイコンが並んで表示される。各アイコンをクリックするとそのアプリがダイレクトに起動。
  4. 「▼」メニュー内の「メモリーモニター」や「CPUモニター」にチェックを入れると、現在のメモリやCPUの使用状況も常にミニウィンドウ上に表示される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください