普段、自宅や会社で使用しているお気に入りやその自分仕様で使い慣れている設定もUSBメモリに入れて持ち運ぶことが可能。Firefox Portableなら自宅や会社の設定を持ち歩ける。

拡張性の高さと使い勝手が抜群のFirefox Portable

普段、自宅や会社、それに学校などに入れてあるお気に入りも出先のパソコンには当然ない。検索エンジンなどですぐに見つけられるメジャーなサイトであれば問題ないが、案外URLが長くて覚えられず検索できなかったり、サイト名がわからない…なんていうケースも。そんなときUSBメモリにブラウザを入れて持ち歩くことが可能であれば問題は一切ない。出先のパソコンを使用した場合、キャッシュやクッキーなどのデータが残ってしまうのも気持ち悪い。Firefox PortableはHDDにインストールされているデスクトップ版の「Firefox」と全く同じ機能をもち、USBメモリに丸ごと保存できる。インターネットエクスプローラーやoperaといったfirefox以外のブラウザのお気に入りや設定を取り込む機能も備える。firefoxのブラウザになると、他のブラウザのもたつき感がたまらなくストレスになる。

Firefox Portableのインストール

  1. ファイルを実行
    Firefox Portableからダウンロードし解凍後、実行ファイルをダブルクリック。インストーラーが起動するので「次へ」をクリック。
  2. USBメモリの選択
    インストール先を指定する設定画面が表示されたら「参照」をクリック後、「フォルダの参照」でUSBメモリを指定。
  3. インストール完了
    インストールが完了したら、USBメモリ内の指定したフォルダの下にFirefox Portable.exeが作成さるのでダブルクリックで実行。
  4. 初回起動時の設定
    初回起動時には「ウィンドウの位置やサイズを保存する」「セッションストア機能」を有効にするかを選ぶ。ブラウザの速度重視であれば無効に。

USBメモリ用のセキュリティ設定

  1. ID・パスワード
    サイトのログオン画面でユーザーIDとパスワードを入力する。「自動的にログオンする」などのチェックはしないようにする。
  2. 情報の記録
    「このパスワードを記憶させますか?」という確認メッセージが表示されるので「記憶する」をクリック。USBメモリ内にID・パスワードが保存される。この状態でもしもUSBメモリを紛失してしまうと危険。
  3. 設定を開く
    そこでログイン情報をまとめてひとつのパスワードで管理できる「マスターパスワード機能」を利用。まずは「ツール」メニューから「オプション」を選ぶ。
  4. パスワードを設定
    「セキュリティ」をクリックし「マスターパスワードを使用する」にチェックを入れると設定画面が開くのでパスワードを設定する。
  5. パスワードの入力
    さきほどログインしたサイトを開くとマスターパスワードの入力画面が表示される。ここで正しいマスターパスワードを入力しない限り、保存していおいたログイン増俸が自動で入力されることはない。

念のため履歴のデータは削除
ブラウザのキャッシュや履歴などは、面倒でも使い終わるたびにその都度削除しておいたほうがいい。メイン画面の「ツール」→「個人情報の消去」をクリックしてデータを削除。
ファイル自動的に暗号化するUSBメモリなら万が一の紛失時にも安心。

これで無料?機能充実

出先でエクセルやワードなどのファイルを開きたくても、使用できるPCにそれらのソフトが入っているとは限らない。また下位バージョンなどで新しいバージョンを開けないといったケースもある。
そんな場合に、USBメモリに入れて持ち歩きたいのが、Open Office.org Portable。定番オフィスの「マイクロソフトのOffice製品」で作成した文書ファイルやを閲覧、編集が可能で操作も似通っている。
無料で利用できるのに、上位版のみにしか含まれないプレゼンテーションやデータベース作成ソフトも付属する。互換性はほぼ安定しているが、マクロやグラフといった関係は再現できない場合もある。

Open Office.org Portableをインストール

  1. インストーラー起動
    Open Office.org Portableからダウンロードし解凍後実行。インストーラーが起動したら「次へ」をクリック。
  2. インストール先指定
    インストール先フォルダの選択を求められるので「参照」をクリック後、インストール先USBメモリを指定し「インストール」をクリック。
  3. インストール完了
    Open Office.org Portableのインストールが完了。最後に「終了」をクリックしインストールウィザードも終了させる。
  4. ソフト起動
    Open Office.org Portableを起動するにはOpen Office.org Portableフォルダにある「Writer」「Calc」「Draw」などの実行ファイルをダブルクリックする。

初回起動の際の設定

  1. ウィザード起動
    Open Office.org Portableを登録するためのウィザードが起動。「次へ」をクリック。
  2. ユーザー名の記入
    作成したいドキュメントに記録されるユーザー名を入力する。名前、イニシャルを入力し「次へ」をクリック。
  3. 登録の可否
    Open Office.org Portableのサイトにユーザー登録をするか選択さられる。登録しなくてもソフトの利用は可能。「完了」でウィザードは終了する。
  4. text

オフィス製品との互換性の面で注意したいこと

Microsoft Officeで作成したデータやファイルがOpen Office.org Portableで開けないということはほとんどないが、逆のパターンは要注意。Open Office.org Portableで作成したファイルをオフィス製品で開くケースだ。ODTやOTTなどのオープンドキュメントフォーマットではなく、DOCやXLSといったオフィス製品のファイル形式で保存するようにしなければならない。

自分の使いやすいソフトをUSBメモリに入れて使う

自分のPCで作業ができれば何の問題もないのに、出先では自分のPCとは違う環境で操作をしなければならない場合がある。取引先などで使うケースもそれにあてまはる。ちょっと設定が違うだけで、戸惑ったり、「あれ?」と思うことも多々ある。実際にOSなど同一でもメーカーが違ったり、通常に使用するだけでも所有者のクセや好みなどが色濃く反映されているものである。自分のノートPCを持ち歩くことなどもひとつの手ではあるが、取引先にPCがあるのにをれを使わないのも…という場合もある。そこでUSBメモリに使用するソフトを格納してUSBメモリ一本を持っていけば、作業が完結するようにするのである。
USBメモリの使い方として、データを入れて持ち運んだり、PCからPCに移したり、という使い方だけでなくソフトを入れておくことができる。
最近のUSBメモリは、大容量化と高速化がどんどんすすみさらに低価格化までもを実現している。お気に入りのソフトや使い慣れたソフトなどを入れて便利に活用したい。

USBメモリへインストールできるソフトは?

いくらUSBメモリにソフトをインストールしたいからといって何でもかんでもUSBメモリにインストールできる、というわけではない。出先でも問題なく動作さるには、ある条件を満たす必要がある。多くのPC上で動くソフトは、インストール時にプログラム本体と関連したファイルを「Program Files」に作成し、ウィンドウズのレジストリ上に設定情報を記録している。さらにウィンドウズのシステムフォルダにドライバなどをコピーした「Application Data」フォルダにデータファイルを保持したりしている。
「Program Files」の代わりにUSBメモリにインストールしても他のPCではレジストリや外部ファイルが揃わないため、エラーを表示するだけで動作することができない。逆にUSBメモリで動作するのは、そうした外部の設定やファイルに頼らず、インストールファイルのみで完結する仕様のソフトだ。これならUSBメモリからでも動作するが、起動時にレジストリへ情報を残すソフトもある。フォルダにiniファイルがないのに設定が保存されている場合は、このタイプになるので注意が必要。

整理して使う

USBメモリを快適に活用するために、最低限フォルダの整理を行うようにしよう。特に一本のUSBメモリに複数のプログラムやソフトなどをインストールする場合、ファイル名が重複してしまうケースもある。大事なファイルを上書きしてしまわないように気をつける。重要なファイル専用のフォルダを事前につくっておき、パスワードでロックするようなセキュリティー対策も必要になる。
バッファロー製付加価値重視型のUSBメモリ一覧などがおすすめ!